• sersenerse12@gmail.com

母へのプレゼント

一つの作品を作ると必ず糸が残ってくる。いくつか作品を作るとベスト一枚できる量が残った。毛糸で残しても仕方ないので自分をモデルにして製図を書き編んで先生から評価をもらった。

私:袖ぐりがうくんですよね~

先生:襟ぐりの広い目が多い

   立体製図にして、他は良し

私の目的はこれで終わりのため、これが終わったらこのベストは母親の元へ。

80歳の母はコロナであまり出かけなくなり洋服の購入もなかなかできない。ネットを使えと言っても80の母には難しく、改めて作るからというと要らないという。こんな形でのプレゼントが一番素直に受け取ってもらえるらしい




 


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今まで2匹の犬を飼っていた。離婚した時2匹は飼えないと思いゴールデンレトリバーは親切な方に貰われその家の先住犬と仲良く暮らし最後は病気で亡くなった。ミニチュアダックスフンドはそのまま私が育てていたが病気になり最後は私の夜勤明けを待って亡くなった。もうこんな悲しい思いはしたくない。もう動物は飼わないと決めていたのに保護猫を飼う事になった。そのお迎えも明日。香川県kら飛行機に乗って小松空港まで。準備も

高倉町珈琲店で待ち合わせて雑談もしながら3時間半。ようやくサイズが決まった。 横幅41cm 高さ20m 奥行き11cm 持ち手はショルダーとし 75cm   Dカンあり ポケットは内側に2ツ  1つにはファスナーつき ペットホルダー付 とK様オリジナルのバックができ、オーダーメイドが始まった。